自社所有と賃貸借契約の比較

自社所有インタビュー

※運営会社が、退去する場合、会員様も同様に退去しなければなりません。
 移転に伴うコストも馬鹿になりません。

また、名刺の変更や、税務署、年金事務所等の公的機関への変更手続きも必要です。

自社所有拠点のその他メリット:許認可申請

通常、バーチャルオフィスやレンタルオフィスでは、旅行業等の許認可申請ができません。
許認可申請先(役所等)から、申請時に必要書類として賃貸借契約書が求められます。
賃貸借契約書が用意できない場合は、物件オーナーが発行する【使用許諾書】を求められます。
通常、バーチャルオフィスやレンタルオフィスの運営会社は、このような書面を用意することができないケースが多く、申請自体ができないのが現状です。
しかし、カスタマープラスでは、自社所有拠点を利用した場合、【使用許諾書】が発行できます。

実際、【日本橋タワー】を利用して旅行業の申請先として利用頂いています。

第三種旅行業

古物の【申請先住所】としては利用できません。ご注意ください

またペットシッターなど第一種動物取扱業の申請先としても利用されている実績もあります。

バーチャルオフィスを第一種動物取扱業の申請先住所として使えるの?≪ペットシッター編≫

その他下記の申請先住所としてもご利用頂けます。

バーチャルオフィスを旅行業者業の申請先住所として使えるの?

自社所有拠点でお申し込み手続きする場合はこちら

自社所有のほうが、ビルオーナーの環境に依存しない分、安定感があります。

自分の業種に合った好きな住所を、名刺に使いたいという方もいらっしゃいます。
そういう方には、登記先住所として日本橋タワーを利用し、名刺・HPには他拠点の住所が利用できる 【W住所プラン(無料)】をお薦めします。是非活用してください。

360°バーチャルな意見

【360°バーチャル内見】は、全天球360°カメラで撮影した画像が確認できます。
写真や動画では伝わりにくい、室内のイメージをより正確にお伝えすることができます。
まるで、内見しているかのような体験ができます。
遠方の方や、忙しくてなかなか時間がとれない方などには、特にお勧めです。
【360°内見】を行った後で、2日いないにお申込み頂いた場合は、現地リアル内見プレゼントと同様に、1,000円分の商品券をプレゼントしています。
現地行かなくても、同じプレゼントが適用されます。

※360°バーチャル内見は24時間365日受付可能です。

360°バーチャル内見はこちら

【360°バーチャル内見】を行った後で、2日以内にお申込み頂いた場合は、現地リアル内見プレゼントと同様に、1,000円分の商品券をプレゼントしています。
現地行かなくても、同じプレゼントが適用されます。