到着郵便はどのようなものがくるのか?

これから初めて、バーチャルオフィスを利用される場合、実際どういった郵便物が到着するのか想像できない方も多いと思います。
大事なものは、急ぎで取りに行かないといけないんじゃないかなど、不安ですよね。
バーチャルオフィスを選択する基準にも影響がでます。

そこで、今回、カスタマープラスの会員様から新規法人50社(任意抜粋)を抜粋し、1年にわたって調査しました。

法人登記したら何が到着するの?

新規設立した会員様宛に到着する郵送物を調査しました。

到着郵便の内訳(比率):

第一位:ダイレクトメール 約 60%

TOP3は下記です。

  種類 比率 到着タイミング
第1位 DM 58% 設立1ヶ月以内に集中
第2位 金融関連
(銀行、クレジットカード)
16% 設立2か月以内に集中
第3位 税務署 9% 年間で4回程度

1位はダイレクトメールです。到着郵便の約6割を占めます。
新規で設立された場合、税理士事務所などからDMがきます。
理由は、登記先住所は公開情報なので、情報を取得しやすいのが原因と思われます。
ほとんど廃棄の依頼をされています。
新規設立されて1ヶ月以内に集中します。

2位は、金融機関です。
法人口座開設手続きを行いますので、銀行からの書面が到着します。
設立当初、法人口座開設手続きを行う時期に集中します。
月3回まで利用可能なスポット速達を利用する会員様が多いです。

3位は、税務署です。『新設法人説明会のお知らせ』や『年末調整等説明会資料及び年末調整の
しかた等』などが送付されてきます。税務署からの書類は、一か月程度の余裕があり、
来社引き取りの必要はありません。

法人設立すると必ず到着する郵送物

新規で設立すると必ず到着する郵送物があります。代表的なものとしては下記です。
下記の書類は、一か月程度の余裕があり、来社引き取りの必要はありません。

【源泉所得税及び復興特別所得税の納付期限のお知らせ】
差出人:東京国税局

【年末調整等説明会案内状及び年末調整のしかた等】
差出人:管轄税務署

内見はこちら

到着した郵送物は取りにいかなくて大丈夫なの?

到着した郵送物に対して、会員様がどのような対応されているか調査し、ランキングをだしました。

【発送指示を忘れた方が引き取りにきます】

  対応 比率(年間) 内容 対象郵便・傾向
第1位 ルーチン・無料速達 60% 毎週金曜日に無料速達発送 税務署や国税庁など、必要だが急を要さないもの
第2位 廃棄 30% カスタマープラスにて、溶解処理 主にDMなど不要なもの
第3位 スポット・無料速 9% 年間で4回程月3回(平日)、無料速達発送度 金融機関関連や取引先からの請求書など、急を要するもの
最下位 引き取り 1% カスタマープラスへ
引き取りに来る
急ぎで必要なものに対して、発送の指示を忘れた都内在住の方が多いです

第1位は、【ルーチン・無料速達】でした。
【ルーチン・無料速達】とは、毎週曜日に無料速達発送されるサービスです。
土曜日(※一部離島を除く)に到着します。
週半ばに到着したものや、緊急ではないものに対して利用されることが多いです。

第2位は、【廃棄】です。やはりDMなどは、無料発送で依頼せず、廃棄を希望される方が多いです。

第3位は、月3回利用可能な【スポット・無料速達】です。特に金融機関からの郵送物など、急ぎで確認されたい場合に利用されています。また週末や月曜に到着したもので、急ぎの場合にも利用されることが多いです。

カスタマープラスは、通常金曜日のルーチン・無料速達に、加え月3回のスポット・無料速達の合計7回の無料速達サービスにより、来社引き取りの必要はほとんどありません。

なぜ取りにくる方が少ないのか?

【合計月7回の無料速達サービスにより引き取りは不要】

調査結果では、【引き取り】が最下位になりました。
なぜ引き取りをされる方が少ないのでしょうか。

■理由

カスタマープラスでは、無料発送の条件を設けておりますので、わざわざ取りに来られる方は少ないのが現状です。
また、段ボールなど大きなもの(受取り時にサインが必要なもの)が到着した場合は、【不在票】を受け取り、
伝票番号をご案内しております。
会員様のほうでご自宅などへ再配達依頼を行って頂く流れです。
結果として、サイズが大きくないものが転送対象となる為、カスタマープラスから
発送する際のサイズが、無料の条件に収まりやすいことも起因していると思われます。

■無料の条件

到着郵便の流れ

無料発送は【ルーチン速達・無料発送(毎週金曜日)】【スポット速達・無料発送(月3回平日)】2つございます。いずれも無料の条件を設けています。
下記条件内であれば無料発送可能です。
送料のコストも抑えられます。

【ルーチン速達・無料発送の条件】
速達便での発送が無料
A4サイズで厚さ2.5cm以内の荷物まで無料
毎週金曜日の発送は無料

【スポット速達・無料発送の条件】
月3回まで、速達便を無料
A4サイズで厚さ2.5cm以内の荷物まで無料
平日17時までに指示頂いたものは当日集荷で無料

【お任せ自動転送サービス】もあります

サービス概要

毎週金曜日に到着郵便を会員様からの指示が無くてもルーチン速達・無料発送にて自動発送するサービスです。 追加費用はありません。

サービス申込の流れと仕組み

会員様からサービス希望の申し込みを頂き、カスタマープラス側で設定致します。
設定後は、当該会員様のMyページに到着郵便物が反映されると5分以内に自動的にシステム側にて【ルーチン速達・無料発送】の指示がされます。会員様の指示が無くても、毎週金曜日に速達便で自動発送されます。

Myページからの指示が面倒だというお客様にお勧めです。

※ご注意事項
アスクルカタログなど、無料の条件を超える大型の郵便物は自動で金曜日に発送しません。
サイズ表記が〈無料送付規格外〉の場合、本システムは稼働しません。
これまで通り、2週間以内に会員様からの指示が必要です。
2週間以内に指示がない場合は、自動廃棄扱いになります。
宅配便は不在表が自動で発送されます。

対象となる郵送物が複数発生した場合、金曜日発送時点でサイズが無料の条件を超える可能性がございます。
無料の条件を超えている状態で、指示を変更されない場合は、無料発送ではなく、
着払いでの発送となりますので、普段から郵便物が多い会員様は、注意が必要です。

お任せ自動転送サービスの詳細はコチラ

引き取りに来られる場合

カスタマープラスでは、各拠点に到着した郵送物は、全て配送センター(八丁堀)で管理しています。もし引き取りご希望の場合は、Myページで引き取り希望日時を選択し引き取り予約し、当日、配送センター(八丁堀)へ引き取りに来て頂く流れです。

カスタマープラスの郵便管理の詳細はこちら

最後に

調査結果をみると、6割にあたる郵送物がDMが占めています。
残りの約4割が必要な郵便物ということになります。
特に新規で設立された方は、認知度も低いこともあり、到着する郵送物が少ないのも特徴です。

また到着した必要な郵送物に対して、会員様がとっている行動は、わざわざ引き取りに来られるので
はなく、【ルーチン・無料速達】など無料発送を活用されています。
調査結果では、引き取りに来れられる方は、約1%しかいませんでした。
皆さん時間を有効的に活用されていますね。

カスタマープラスでは、到着した郵送物を取りにくることを前提にバーチャルオフィスを選ぶ
必要はありません。好きな場所を選択頂くことが可能です。

是非参考にしてください。

お申込みはこちら

会社設立プラスはこちら

内見はこちら