HOMEarrowサービス・料金arrowサービス利用例パターン5

サービス料金

サービス利用例・・・どんな人が使っているの?

パターン1がっつりオフィス利用系

プロフィール


スケジュール

スケジュール

AM9:00〜9:30

移転登記手続きの件で司法書士の先生と電話で打ち合わせ。5,695円(税抜)の代行手数料は、かなりお得。
登記先は、自社ビルである日本橋タワーが使えるので安心。

【移転登記プラス】
代行手数料が、
5,695円(税抜)で行えます。

スケジュール

AM10:00〜11:00

名刺の発注作業とHPの修正作業。
W住所プランなので、名刺やHPには、青山プレミアムの住所【港区南青山2丁目・・】を利用。
登記先と分けて併用できるので便利。

【W住所プラン(自社ビル+1)】
日本橋タワー(自社ビル)と他拠点住所が併用できます。

スケジュール

PM11:30〜12:30

Myページで、郵送物の確認やオフィス利用の空き状況を確認しながらランチ。

Myページでどこでも
オフィス予約や
確認可能。

スケジュール

PM1:00〜3:00

クライアントと、青山プレミアムでMTG。

1時間1,000円で
ワンフロア貸切利用
ができます。

スケジュール

PM3:30〜6:00

打ち合わせ後、引き続き利用しようと、
延⻑希望の連絡をしたところ次の予約が入っており使えないことが判明。

同ビル内にある⻘山アネックスは空いていた為、
急遽、⻘山アネックスに移動しプレゼン資料の
作成。同ビル内にあるので、移動も楽。

無料でWiFiと電源も使えるので便利。

当日空いていれば
どこでも利用可能

メッセージ

以前、中央区で他社さんのバーチャルオフィスを登記先住として利用していたのですが、ある日突然、バーチャルオフィスの運営会社さんからビル取り壊しを行うことになった為、移転してほしいという内容の文書が届きました。
移転登記先をどこにするか?登記先移転に伴う、変更作業って何が・・・?名刺は?などなど・・
突然のことで、気が動転してしまいパニック状態に。。
慌てて、今回の件をバーチャルオフィスの運営会社に確認したところ、ビルオーナー様の事情でビルを建て替えるとのこと。
自宅住所を公開したくなかったので、バーチャルオフィスを利用していたのですが、今回のようなことで移転を余儀なくされるとは思っていませんでした。
そこで今後のことを考えると、どういう選択がベストか考えました。。

・自宅住所は公開したくない
・でも新たにオフィスを借りるのも費用的な負担がネックになる
・今回のような運営会社の都合での移転は、避けたい・・・・

悩んでいたところ、知り合いからカスタマープラスさんを教えてもらいました。
カスタマープラスさんでは、自社ビルで運営されている【日本橋タワー】を登記先として利用できることを知り、今まで抱えていた不安が解消されました。自社ビルであれば安心感が違います。
また、都内の他の拠点の住所を名刺に記載できるということで、以前から南青山の住所に関心があった為、名刺やHPには【青山プレミアム】の住所を利用することにしました。
2つの住所を使い分けて利用できるのは便利ですね。
自社ビル住所を登記先住所として併用しても、追加費用が発生しないので、本当に助かります。

これからも宜しくお願いします。

ボトムイメージ